GoldQuotes

金の相場は常に変動するから高いうちに専門業者の元へ持ち込むのが吉

金買取で査定の対象となる金製品はどんなものがある?

ゴールドの腕時計

素材が金であれば、古くても破損をした状態でも買取をして貰うことができると、高い注目を集めているのが金買取です。そんな金買取では、24金や18金は勿論、10金のように純度が低めの金も査定の対象となります。そのため、純度が低ければ買取をして貰えないのではないかと考えず、まずは査定を受けてみることがおすすめです。
査定の際には、純度に合わせた相場と重量から買取額を計算していきます。相場は24金が最も高く、純度が下がるにつれ相場は下がっていきます。そのため、10金の場合は買取額がかなり低くなってしまうことも少なくありません。しかし、相場自体は低めであっても、重量がしっかりとあれば意外な買取額となることもあります。純度がはっきりとしない金製品でも、鑑定をすることで純度を特定できるため、家に眠っている金製品があれば専門業者に持ち込んでみると良いでしょう。
それに対して、金買取専門業者で買取を依頼できないものが、金メッキや金張りのアイテムです。金メッキや金張りのアイテムの表面には、金が貼り付けられていますが、そこから金だけを抽出するのは手間がかかります。そのため、金メッキや金張りに関しては買取の対象とならないことが殆どです。

Post List